交通事故、離婚、債務整理を中心に、相続、債権回収、国際案件などを取り扱っています。

治療費打ち切り

頸椎捻挫などむち打ち症の場合、事故から半年を過ぎると、相手保険会社から一方的に通院に必要な治療費を打ち切られてしまうことがあります。

しかし,まだ痛みが残っており、しかも医師からも症状固定とは言われていません。それにもかかわらず、加害者の保険会社は、治療費を打ち切ってくることがあります。

症状固定前に治療費の内払いを打ち切られた場合、症状固定の判断は基本的には医師が行うものなので、医師が症状固定と判断するまでは自費で通院し、打ち切られた後の分の治療費は後で相手保険会社に請求するのが原則です。

治療が中断している期間がある、治療があまりにも長期間に及ぶなどの事情がない限り、裁判上、症状固定時期については医師の判断が尊重されます。

治療費打切りを撤回させる方法としては、担当医に治療の継続が必要である旨の診断書を作成してもらい相手保険会社に提出する方法、症状固定時期を少し先に明確に示してそれまで治療費の支払いをするよう相手保険会社と交渉する方法があります。

相手保険会社から治療費を打ち切られそうな場合、いったん症状固定を受け入れてしまうとそれ以後の治療費は相手に請求できません。まずは弁護士にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください TEL 026-262-1134 9:00 - 20:00 (土日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 信濃法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.