離婚、相続等の家事事件を中心に、債務整理、債権回収、交通事故、国際案件、医療過誤などを取り扱っています。

医療過誤 解決事例

血液感染による死亡の医療事故で、医療機関側の責任を追及した事例

 

相談前

高齢者が癌の手術後、入院中に真菌が血液に感染、敗血症・多臓器不全に陥り死亡。

医療機関側は過失を認めない。

 

相談後

当方、カルテ及び細菌検査結果等から、感染源を突き止め、感染防止策を怠ったとして医師の過失を追及。

交渉により、医療機関側は過失を認めるも、死亡との因果関係を争う(他の死因の蓋然性の主張)。

当方、カルテ及び細菌検査結果等から、他の死因の蓋然性がないことを主張。

交渉により、医療機関側は因果関係も認め、死亡による損害賠償金を支払うことで和解成立。

 

コメント

相談をいただいた際、医療機関側に過失があるか、そもそも死因(感染源)が何かも分からない事案でしたので、いきなり交渉の受任ではなく、まずは医療機関側の法的責任の有無の調査を依頼いただきました。

協力医とともにカルテ等を調査した結果、死因(感染源)が判明し、医療機関側が通常(平均的な医師であれば)とるべきはずの感染防止策をとっていなかったことが分かってきました。

死亡との因果関係についても、細菌検査結果等を詳細に調べたところ、医療機関側が主張する他の死因の蓋然性が認められないことを明らかにすることができました。

専門性が高く、カルテ等の医療記録も膨大なものでしたが、協力医と密に連携をとり具に調査した結果、真相を究明することができました。

お気軽にお問い合わせください TEL 026-262-1134 9:00 - 20:00 (土日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 信濃法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.